ウルトラマンジード長谷川眞優 (愛埼モア)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウルトラマンジードに出演している長谷川眞優さんの過去の出演作品やウルトラマンジードでの

役柄を深堀して行きたいと思います。

 

女優、長谷川眞優さんをもっと知ることが出来るかもしれません!

スポンサーリンク


ウルトラマンジード 長谷川眞優の役は?

長谷川眞優は、主人公「朝倉リク」のお笹馴染みかつ、「ニコニコ生命保険の外交員」とは仮の姿、実態は秘密組織AIBのエージェントと云う、二重の役どころを演じます。

 

なんと、こちらも「朝倉リク」同様、先輩エージェント宇宙人(シャドー星人)「ゼナ」と共同していると云う設定になっています。

 

また、地球防衛を担うエージェントではあるのですが、大変にドジ(犯人役の宇宙人に突き飛ばされ、ころんで泣いてしまいます)。

 

「朝倉リク」とは幼い頃に『爆裂戦記ドンシャイン』ごっこをして遊び、その頃からリクを憎からず想っています。ただし「朝倉リク」自身は、単なる幼馴染としか思っていない模様。ウルトラマンシリーズでは、ヒーロー(ウルトラマン)に対するヒロイン役(セブンに対するアンヌ、北斗に対する南等)の対応は珍しくはないのですが、どちらかと云うと仄かに想いを寄せるパターンが多かったともいます。

 

そう云う意味では異色なジャンルでしょう。体は丈夫そう(扉に足を挟まれても怯まない)が、相当なドジッ子で泣き虫と云うキャラクターで、「朝倉リク」の相方、「鳥羽ライハ」とは、色々な意味で正反対の人物です。

 

スポンサーリンク


ウルトラマンジード 長谷川眞優の役の重要性

先にも記述しました通り、長谷川眞優演ずる「愛埼モア」にも身近に宇宙人(シャドー星人)を配置しています。

 

シャドー星人も、ペガのペガッサ星人と同じく、ウルトラセブンに登場した宇宙人であり、ウルトラセブンの劇中では不死身怪獣「ガブラ」を操って地球征服を企んでいました。

 

また、シャドー星人自身も超能力を有しており、テレキネシス(念動力)によって石の雨を降らせることも可能なのです。その様な「悪役」が、何をどうして正義の味方のサポート役に回っているのでしょう。

 

ウルトラセブンで出てきたキャラクター(宇宙人)が多数出演していることから、セブンの世界観とウルトラマンジードの世界観には確かに繋がりがあるはずですが、おそらくシャドー星人側にも地球人のエージェントに成らざるを得ない何等かの因果があるのでしょう(蛇足ながら、シャドー星人のマスクの造形は、旧シャドー星人がややおどろおどろしい風貌をして顔色も金色っぽかったのに比べ、ウルトラマンジードでは唇のあたりが鋭角的でウルトラマン風になっており、顔色も銀色になっています)。

 

おそらく、過去のウルトラマンシリーズに比べ、地球と外宇宙との間で何等かの交流があるものと思われます。

 

これまた蛇足ですが、ウルトラセブンに登場したキュラソ星人という宇宙人の場合はキュラソ星からの脱獄犯として登場しており、事件が解決した際、地球防衛軍に対してキュラソ星から感謝のメッセージが届けられたエピソードが、ごく当然の様に出てきます。

 

今回のウルトラマンジードでも、そのあたりがかなり参考にされているのではないでしょうか。おそらく、地球上にかなりの宇宙人が棲んでいる世界なのでしょう。

 

「愛埼モア」は一応エージェントなのですが、かなりドジな役柄となっており、スッコロンンで泣き顔を見せる等、およそピンチに立ち向かう正義の味方然とはしていません。

 

尚、長谷川眞優本人曰く、自分もかなりのドジッ子で、役柄がまんま自分そのものとインタビューに答えています。長谷川眞優の雰囲気もあるのですが、どこから見ても「新人の婦警が先輩の指導を仰ぎつつ、ドジこきながら発奮している」姿にしか見えないのです。

 

なので、主人公「朝倉リク」の幼馴染(しかも、リク好きの設定)と云う立ち位置から見て、朝倉リクの「心理面・精神面」でのサポート役になるのではないでしょうか(ただ、そう云った交遊関係を重視してしまいますと、主人公と星雲荘で共同生活を営んでいる「鳥羽ライハ」との心情にもスポットが当たってくるでしょうし、(ウルトラマンタロウの北斗・南の例もありますが)ウルトラマンシリーズの構成上、特異な演出が出てきそうです。

 

ただ、長谷川眞優本人へのインタビュー(円谷倶楽部)では、「鳥羽ライハ」との三角関係を意識した演技をしているとの話が出てきていますので、これからストーリーが進むにつれて、そういった男女の機微を見せる場面が多くなると思われます。

 

スポンサーリンク


ウルトラマンジード 長谷川眞優のプロフィール

経歴

・本名:長谷川眞優
・生年月日:平成3年2月28日(26歳)
・身長:171cm
・血液型:B型
・出身地:東京都
・所属事務所:サンミュージックブレーン
・NHK大河ドラマ「八重の桜」でデビュー。
・様々な資格を有しています。
幼稚園教諭第一種免許
英語/漢字/数学検定 準2級
アドバンスオープンウォーター(ダイビング資格:深度18m超)過去の出演作品(TV以外のメディアを含む)
・CM
小林製薬
コカ・コーラ、他
・映画
「GANT:O」
「22年目の告白・私が殺人犯です」
「リンキング・ラブ」
・TV
NHK大河ドラマ「八重の桜」「軍師官兵衛」
「めちゃ2イケてるッ!」
北海道テレビ「平岸我楽多団」、他
・DVD
防衛省・自衛隊「平成27年防衛相記録」
・Web
GLAY「DEATHTOPIA」特別映像
・舞台
「くろいぬケンネル」他、イメージガール、カレンダーのモデル、ショー出演(ファッション・着物等)等、多数

 

スポンサーリンク


ウルトラマンジード 長谷川眞優のエピソード

長谷川眞優自身のエピソード

・趣味は映画鑑賞の他、絵画鑑賞で特にルネッサンス期に造詣が深い本格派。また、毎朝かかさず書道を行っています。
・特技も多種で、ピアノ(9年)、クラシックバレエ(3歳から)、日舞、殺陣、薙刀等多彩(「ピアノ」「バレエ」「日舞」「書道」と来ては、なんかもう良いところのお嬢様っぽいですね)。
・もう一人のバイプレーヤーである「鳥羽ライハ」役の山本千尋と比べ、ややホンワカとした感じを漂わせた風貌です。

 

ウルトラマンジードのエピソード

・マネージャーからウルトラマンジードの愛埼モア役に決まったとの連絡を受けた際、うれしさのあまり泣いてしまったとか。幼稚園教諭の免状を持っているのも、元々子どもが好きで、子どもと関わる仕事をしたかったからなのだそうです。ウルトラマンジードの仕事では、愛埼モア役を通して、子ども達に夢や勇気を与えたいと考えています。

スポンサーリンク


ウルトラマンジード 長谷川眞優~まとめ~

・朝倉リク(ウルトラマンジード)の幼馴染で秘密組織AIBのエージェント。身分を隠す為、普段はニコニコ保険のセールスレディーに扮しています。ドジッ子のキャラクター。
・朝倉リクに想いを寄せており、「鳥羽ライハ」の存在が気になってしょうがない様子。
・先輩エージェントの宇宙人(シャドー星人)が上司です。
・まだ放映開始から数話目なので、演出が多少バタつく感じですけれど、本人自身もドジッ子を自称していますので、だんだんと役に馴染んでいくのではと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。